HOME
採用情報TOP
BACK

先輩の声

男性U.M さん(2015年度入社)

 SEのイメージというとやはり、「残業が多い」というイメージでしょう。日を跨いで、始発まで…等をイメージするのではないでしょうか。私もそうでした。ですが、そんなことは全くありません。自分の仕事さえ終わればさっさと帰ることができます。また、休日出勤…というのも全く無く、休日はきちんと自分の時間を取ることができます。
 私は学生時代からあるスポーツに取り組んでいて、新潟県代表として国体に出場することになったのですが、その際も会社は最大限サポートしてくれて、集中して取り組むことができました。恐ら<皆さんが想像しているよりも仕事、仕事という感じではなく、仕事以外にも意欲的に取り組むことが出来る会社だと思います。勿論仕事もとてもやりがいがあります。
 私は大学は情報系の専攻ではなく、プログラミングに関しては初心者同然で会社に入ったのですが、分からないところも先輩社員が優しく教えてくれます。優しくない人もいるかもしれません…が、私の周りの先輩は優しい方ばかりです。この会社は世間一般にイメージされているソフトウェア開発系の会社よりも、とてもいい環境で仕事に取り組める会社だと思います。未経験の方でも、是非考えてみては如何でしょうか。

男性T.U さん(2015年度入社)

 この会社に入社した時、大学時代にプログラミングの経験はありましたが、仕事をしていく上で知識が必要だと感じていました。そのため、まずは基本的なことから学んでこうと思い、基本情報の資格を取ることを決めました。
 研修や、テキストを読んで勉強をしていました。午前試験はそれでいけましたが、午後試験は普通ではなかなか勉強しづらいものです。ですが、私は仕事でそれを乗り切る事ができました。入社して三ヵ月後から早速プロジェクトに加わり、開発作業をしていました。そのため、普段の仕事が基本情報の午後試験の勉強につながっています。仕事でもどんどん知識をつけていく事ができ、私は無事入社して約半年で基本情報の試験に合格する事ができました。
 このように、私はこの会社で実践を積み重ねていく事で、知識をつけていくことが出来ています。早いうちから開発作業に関わる事に不安もありましたが、先輩方が丁寧に教えてくれるため、しっかりこなすことができています。

男性N.O さん(2014年度入社)

 私は理系の数学系出身という事もあり、説明会で興味を持ったこの会社に入社しました。最初はプログラムの知識はほとんどありませんでしたが、研修を経て、思っていたより早くプログラミングを組めるようになりました。そして入社して半年、今行っているPOSレジ開発の仕事をさせていただくようになりました。
 レジには想像していたより様々な機能があり、1 年以上たった今でもまだまだ知らない機能がたくさんあり、日々勉強の毎日です。今後は、そういった機能を全て把握し、この機能なら俺に任せろ!というものを持つことが目標です。
 私の趣味は旅行なのですが、旅行先で自分が作ったレジが動いているお店に行くのが楽しみになっています。

男性T.Mさん(2012年度入社)

 学生時代は生物系の研究(個体数調査とかDNA解析とか…)をしていました。趣味は登山、フットサル、旅行…とか、体を動かすことです。そんなIT とは全く無縁の生活から、IT業界へ。。。
「業務や偉大な先輩方からたくさんのことを学べますが、それだけでは自信がもてなかったため、資格の勉強を始めました。これまで、(1)基本情報処理技術者、(2)0racleMaste r Silver を取得し、今は(3)簿記の勉強をしています。
(1)は情報処理技術関連の国家試験の登竜門的な資格です。基礎を学ぶために、毎朝就業前に勉強しました。
(2)はデータベース(以下、DB) 管理ソフトを開発しているOracle社の認定資格です。OracleのDBの仕組みや管理方法、DBを操作するための言語であるSQLについての知識が学べました。弊社はOracle を導入した開発案件が多いので、業務にも結構役立っています。
(3)は一見関係ないんじゃ?と思うかもしれませんが、私の所属グループは建設系の基幹業務システムの案件が多く、その中でお客様と対等の業務知識がないと、良い提案・設計? 開発はできないことを近頃痛感し始め、勉強を始めました。
 この業界、案件によって多種多様な知識が求められるので自己啓発は欠かせないと思ってます(最近は考える力しっかりつけることの方が重要だとも痛感してます)。

男性S.Sさん(2010年度入社)

 私は友人に自慢出来る仕事がしたくてJCC ソフトに入社しました。
 「やりがいのある仕事をしたい!!」という目標で会社探しをしていた時に出会ったのが、大手スーパーのPOSレジシステムを提供しているこの会社でした。実際、今ではレジ開発チームに配属され、私の作ったプログラムが全国のレジに入って稼動しています。家族や多くの人が当たり前に利用している身近なところに自分の仕事の成果物があるので、社会に貢献できている実感や「やりがい」を感じやすく、誇りを持って働いています。

男性T.Sさん(2010年度入社)

 プログラミングのことは何もわからない状態で入社しても、そういうのは半年ぐらいでどうにかなります。
 プログラム作成、また設計は非常に頭を使う業務であり、理系の方には向いている職場なのかなと思います。
 ただ、文系の方のフィーリングには適いません。物事をまず疑う(物事に対してなぜ?と思う)気持ちをお持ちの方は、システム構築に携わってみてはいかがでしょうか。

男性A.Sさん(2010年度入社)

 入社時はプログラムを作ったことがなく、VBやDBなどの基本的な用語も全く分からない状態でした。
 社内研修やいくつかのプロジェクトの中で自分で調べたり、先輩方に教えてもらうことで今ではプログラムを一人で組めるまでに成長しました。また、仕事の取り組み方についても先輩方や月に1度行われる上司との面談などで自分の考えをぶつけ、アドバイスをもらうことで少しずつではありますが、仕事のスピードアップが出来ています。

男性S.Hさん(2009年度入社)

 私は学生の頃のプログラミング授業で、ロジックを考えること=パズルを解くような感覚で楽しかったことからこの業界を選びました。現在はVB/C++の言語を使って開発を行っていますが、(++(というか、C言語)は全く触ったことのない初心者であったため、最初はこの業務が行えるか不安がいっぱいでした。しかし、周りの先輩方から優しく丁寧に教えていただき、今では滞りなく業務を行うことが出来ています。

男性T.Sさん(2008年度入社)

■JCCを選んだ理由
 私がJCCを選んだ理由は
1.ソフトウェア開発に興味があったこと
2地元だということ
この2点です。(非常にシンプルです。)

■現在の業務
 現在はPOS レジシステム開発・運用に携わっています。全国規模なので、ミスは致命的でプレッシャーも非常に大きいですが、反面、システムが身近にあるので友達や家族にちょっと自慢しちゃったりもしています。

■JCCの魅力
 入社以降、5つのプロジェクトを経験してきました。そのおかげで「複数の言語(VB.NET、VB6.0 、VC++) +パソコンスキル+その他もろもろ」を習得しています。また、今では設計を任せてもらっています。同業種についた知り合いが多いですが「入社してからずっとプログラミングしかしていない(同じ言語で)」という人が多いです。その点、JCCでは沢山の技術を「実業務の中」で学べるので覚えも早いですし、刺激的です。また情報系の資格など、業務と関連しているところがあるので取得しやすいと思います。実際私も取得しました。

■社会人となるみなさんへ
 未経験でも十分活躍できる職種だと思います。実際、私もプログラミング未経験どころか、パソコンもあまり使ったことがありませんでした。正直プログラミングはすぐ覚えられます。(あっ!○○先輩には内緒で…。)

男性T.Hさん(2008年度入社)

 私は入社してからずっと、POSレジ開発に携わっています。スーパーや百貨店にあるレジのシステムをお客様の要望通りに修正するという作業をメインに行っていますが、自分の作った機能がお店で動いているのを初めて見た時、鳥肌が立つほど感動しました。プログラミングなどの知識が皆無だった私でも、そういった感動を味わえるのに時間はかかりませんでした。若い社員にも活躍するチャンスを頂ける事が、我社の魅力の一つだと思っています。

男性M.Hさん(2006年度入社)

 私は文系出身だったため、入社当初はプログラムに関しては分からない事ばかりという状態でした。それでも、周りの先輩方に支えられながら、毎日新しい発見や知識、技術の習得に大変ながらも充実していました。
 今は、POSレジの開発に携わっています。実際に私が関わったプログラムが店舗で稼動しているのですが、身近な日常の中で自分が作ったプログラムが動いているところを見ると、一層、仕事に対する責任ややりがいを実感することができます。それらを励みにより良いものを作れるように頑張っていきたいと思っています。

男性K.Sさん(2005年度入社)

 私は、ソフトウェア開発をしたくてJCCに入社しました。
学生の頃触った言語はC/C++、 Perlくらいでした。今はデータベースを操作するSQLなどの非手続き型言語に触れる機会もあり、今までに無い新しい知見が得られます。
 もちろん仕事は、学生の頃とは比べ物にならないくらい、いろいろな知識が必要になります。常に自分の「殻」に閉じこもることなく、様々なスキル・知識を身に付けて頑張っていきたいと思います。
 そんな中から、トリビアを1つ。
 最近は、少し生意気になり、あの偉大なM社の経営戦略に疑問を投げかける自分があり、それを聞いてくれる先輩はきっと迷惑をしていると…。

女性M.Kさん(2005年度入社)

 私は2005年に新卒で入社しました。文系の大学出身で、プログラムの中を見たこともなかったので、最初は何もわからず、色々な人に畑違いだと言われました。しかし、今では高度なプログラムも作ることができるようになりました。自分でいろいろと調べたり、時には親切でコワ~イ先輩に教えてもらいながらです。

女性K.Iさん(2002年度入社)

 最初はある企業の経営情報分析システムのプログラム開発を担当しました。始めは自分の目の前のことで精一杯でしたが、徐々に先輩方の技術や、お客様とのやり取りにやりがいと楽しさが見出されてくるようになりました。一部自分が関わって作ったものが、お客様に好評を得たときは、とても嬉しく思いました。
 入社して早々に、ひとつの大きな仕事に関わる事ができたことで、自分の技術を通して確実に社会貢献できることを実感し、システム開発の仕事に対してより一層大きな魅力を感じています。

男性M.Aさん(2002年度入社)

(リーダー)
 JCCを選んだ理由は、コンピュータ関係の仕事をやりたかったことと、地元の会社であるということからでした。また、学生時代は東京の大学に通っていて、もう少し東京で生活したい気持ちがあったので、入社後3年ぐらい東京で仕事が出来るということを聞いた時、JCCに入社しようと思いました。

女性A.Kさん(2002年度入社)

 初めての仕事は、CRM システムのカスタマイズ作業でした。Webブラウザ上でできてしまう簡単なものだったので、お客様の要求を満たす方法が何通りもありました。そのなかから最適だと思われるものを導入したところ、お客様に満足していただけたので、とてもうれしいです。反省点もたくさんありますが、それを活かしより満足してもらえるものをつくりたいです。

男性S.Iさん(2002年中途入社)

(アシスタントマネージャ)
 私は2002年の1 月にいわゆるU ターン転職で入社しました。入社に当たっては、入社時期や勤務地など、私の希望に合わせていただき、感謝しています。今はWeb系のシステム開発を担当しています。COBOL メインのシステム開発しか経験していなかった私にとって、Web系のシステム開発は新しい発見の連続で毎日が充実しています。

男性J.M さん(1996年度入社)

(マネージャ)
Q. SE ってどんな能力が必要ですか?
A. 1 に喋れる(対人力) 、2 に考えられる(創造カ・理解力)、3 に決められる(決断力)他にもいろいろあるんですが私が特に重要だと思うのはこんな感じです。
Q. えっITの知識とかパソコンを自在に操れるとかそんな能力は必要ないんですか?
A. 当然、必要です。でもそれよりも上にあげた1,2,3 のことのほうが大切です。私が入社した当時、私は『しゅ』(SYU) って文字が打てなかった位でしたから(自慢にならないね) 、それでも今SEとして日々忙しく仕事をしています。当然仕事ですから苦しいこと悔しいこといっぱいありますけどそれ以上に喜びのある仕事です。皆さんと一緒に一喜一憂しながら仕事ができる日を待っています。

男性T.S さん(1996年中途入社)

(マネージャ)
■仕事の内容編
 私たちの主な仕事は、お客様の会社の業務用ソフトウェアの開発です。同じ物を作り続けるわけではないので、次々と新しい事を覚えなくてはなりません。プログラミング言語に始まり、経理・原価管理・在庫管理などの業務知識、データベース・ネットワークなどのITスキル、プロジェクト管理など管理能力…と、必要なスキルが非常に多いのですが、飽きっぽい私は逆にこのような環境が気に入っています。

■抱負編
 最近、「動かないシステム」が話題になることが多いですね。仕事柄、他人事とも思えず、新聞などで見かける度に「原因は何だったんだろう」と考えてしまいます。システム開発後、お客様に納品した時点で私たちの手から離れますが、お客様にとってはその時点からシステムとの長い付き合いが始まります。何年か経っても「このシステムを構築して良かった」と思って頂けるような仕事をしたいと思っています。

■過激編
 私の偏見かもしれませんが、我々のようなソフトハウスって「言われた通りにやります」つて人が多いんです(どの業界も?)。逆に言うと「言われた事しかやらない」んです。まるで自分がパソコンか何かのように。幸い当社にはこのような体質はないと思っています。結構言いたい放題言ってますね。
 スキルさえ身に付ければ、やってみたいシステム開発に携わるチャンスは多いですよ。

■優しいお兄さん編
 これから社会人となるみなさんへ。仕事を始めると、どうしたらいいか分からないことが多いと思います。そんな時、どうしましょうか?
A. とにかく自分で考える。
B. 知っていそうな人に聞く。Aが正論のように見えますが、私はBでいいと思っています。答えは早く出る方がいいんです。誰も知らない事だったら自分で考えましょう。ということで不安も多いと思いますが、心配することはありません。後はゆっくりやりたい仕事を考えて下さい。。。

■JCCを選んだ理由編
 私がこの会社を選んだ理由は、「制御系ソフトウェアの開発がしたかったから」というのも理由の一つですが、「通勤に30分かからないから」というのも重要なファクターとなっています。長距離通勤とかは嫌なんです。時間の無駄としか思えなくて。今のところ当社は業務系ソフトウェアの開発しかしていないので、残念ながら制御系はやっていませんが、それなりに業務系にも馴染んできてやりがいを感じているこの頃です。

営業内容関連企業スマホ新卒採用サイト

^
TOP